当組合では弁護士の立場に立って設計されている2社の「所得補償保険」を取り扱っております。

所得補償保険とは

生命保険や医療保険で備えは十分でしょうか?

休業給付や傷病手当金もない個人事業主の弁護士の場合、病気やケガで仕事を休むことになると、その間の収入が途絶え、生活に支障をきたす可能性があります。

病気やケガで働けなくなったときに備える保険が「所得補償保険」です。

保険期間中に、病気やケガによって一定期間以上就業不能となった場合等に保険金が支払われます。
万一の場合の備えとしてぜひご加入ください。

三井住友海上火災保険(取扱代理店:株式会社MSプラネット)

神奈川県弁護士協同組合の団体保険(WEBから問合せ)

損害保険ジャパン株式会社(取扱代理店:株式会社カイトー)

全国弁護士協同組合連合会の団体保険(WEBから申込)

団体割引25%適用
うつ病、統合失調症などの「心の病」も対象